ちよだ猫まつりで叶わなかった邂逅が “猫町” むさしのにて実現!
愛猫家として知られる山田稔明と近藤研二が天国帰りの猫 むぎ(猫) を迎え
スペシャルバンド編成でロックし、ロールし、スウィングします。
猫雑貨や各出演者のグッズが充実したマーケットスペースにもご期待下さい。


8月17日(金)
[猫町フェス2018ーnekomachi music and art festival]
山田稔明 / 近藤研二 / むぎ(猫)
itoken[Dr],伊藤健太[Ba]

開場 18:00 / 開演 19:00
前売¥3900+1drink / 当日¥4500+1drink



前売り:SPC店頭販売 / SPC HP予約 / LivePocket / 出演者ライブ会場販売
SOLD OUT
※当日券は公演当日に会場までお問い合わせください。

入場整理番号
1)出演者ライブ会場販売
2)SPC店頭販売
3)LivePocket
4) SPC HP予約


<山田稔明>
1973年佐賀県鳥栖生まれ。1999年GOMES THE HITMANでのデビュー以来バンド活動と並行して、数多くの楽曲提供を行う。2007年からソロ活動を本格化。
音楽以外にも、執筆、ワークショップなどその活動は多岐にわたる。愛猫家としても知られインスタグラムでも多くのフォロワーを持つ。
愛猫との日々を綴った初の自伝的小説「猫と五つ目の季節」を2015年11月に出版。2016年11月3日には写真絵本『ひなたのねこ』を、2017年4月にはエッセイ集『猫町ラプソディ』(著作はすべてミルブックス)を出版。最新アルバムは『DOCUMENT』(2017年7月)。

http://toshiakiyamada.blog.jp/

<近藤研二>
音楽家。NHK Eテレ『0655』『2355』、米国第81回アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した『つみきのいえ』、3D CGアニメ『こねこのチー』など、多彩な音楽を作り続けている。
並行して、「Controversial Spark」「図書館」「ワッツタワーズ」のメンバーとしても活動。2015年ソロアルバム『子猫のロンド』を発表。2016年写真絵本『こねこのモイ』出版。
今年3月には2枚目となるCD『MOINGO』を発表。2匹の猫(モイとウニ)と同居中。

http://kenjikondo.jp/

<むぎ(猫)>
1997年7月東京生まれ。2002年沖縄に移り住み、2009年1月に永眠。5年間の天国暮らしの後、2014年3月にゆうさくちゃん(カイヌシ)による手作りの新しい身体を手に入れ、再びこの世に舞い戻った。
「天国帰りのネコ」として新しいニャン生(人生)を満喫し、ニンゲンの皆さんたちを楽しませるために歌い、踊り、楽器(主に木琴)を演奏する。
沖縄県外での音楽活動も増え、2016年には京都、長野、東京などでライブやフェスへの出演を行った。2017年には猫界初となるFUJI ROCK FESTIVALへの出演を果たす。
沖縄県内、県外各地でのライブで徐々にファンを増やす中で、共演や対バンをした坂田明、DRAMATICS(勝井祐二、ササキヒデアキ)、七尾旅人など著名アーティストからも高い評価を得ている。
本ニャン(本人)自慢の決めポーズは「あっちょ☆」である。
https://www.mugithecat.com/



■問い合わせ:スターパインズカフェ TEL:0422-23-2251
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1   URL:http://www.mandala.gr.jp